「グラスウェアータイムス」に掲載されました。

1月にサンドブラストの工房に行ったとき、先生から「ガラス専門誌のインタビュー受けてくれないかしら?」とお誘いがありました。
どんな専門誌なのか分からなかったけど、先生が「こんな感じなの」と見せて頂いたものを見て興味がわき「私でよかったら・・・」と受けてきました。
せっかくのお誘いだし、こんなチャンスはもうないかもしれないし・・・好奇心旺盛な私の性格も手伝ってOKしちゃいました。

本来はちゃんと記者さんと対面でインタビューをするらしいのですが、平日は会社があるのでメールでの取材となりました。

しばらくすると半年分の「グラスウェアータイムス」を送ってきてくれました。
掲載された方の記事を読むと、皆さんすごい人ばかりでした。
お教室を開いていたり、お店を持っていたり・・・。
趣味でやっている人はいなかったんです。

心配になったので、記者さんに相談してみました。
すると「今回送った号は皆さんそういう方ばかりでしたが、趣味でされている方も沢山掲載されていますので大丈夫ですよ」との返信がありホッとしました。

取材ですが、まず6項目の質問が届きました。
少し長めの回答を返して、しばらくすると追加で4項目の質問が・・・。
取材の回答って難しいですね。
伝えたいことや背景を全部書くと長くなってしまうので、簡潔にまとめなければならない。
本当に難しかったです。

そして、取材は2回のメールのやり取りで終了。
その他に私が憧れているステンドグラス作家さんを取材した時の記事を送ってきてくださったり、本当に親切にして頂きました。

DSC04959.jpg
ドキドキワクワクしながら2月を迎えてしばらくすると・・・。
没になることなく、無事に「グラスウェアータイムス」に掲載して頂けました。
掲載された新聞が届けられたんです。
この新聞は専門誌なので一般で購入することはできないのですが、年間購読の申し込みをすれば購入は可能だそうです。
インタビューの回答を本当に上手くまとめてくださって、感謝感謝の記事になっています。

息子の名前も作品をおいていただけることになった美容院のカットインソーレの店名も掲載されました。
少しはお店の宣伝になったかな?



恥ずかしいので、掲載された新聞の記事は小さめにのせますね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

Yurieさん
ありがとうございます。
ちょっとお恥ずかしいくらい、大きな事を語ってしまいました(^^;
でも、夢は大きいほうがいいですよね。

今年はガラス作品に力を入れたいと思っています。
まずは、秋に開催される硝子彫刻展の出品作品の作成にかからないと・・・。

Yurieさんのプルーンのランプ。
作製工程が丁寧に紹介されていて、とても勉強になりました。
今年はステンドの作品も置く作っていきたいと思っています。

新聞掲載、おめでとうございます!
インタビュー記事も拝見したくなります。
黄色のユリの花器、とても素敵です。
次々と作品を完成されていてスゴイです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来てくれて、ありがとう!
プロフィール

BS セシリア

Author:BS セシリア
性別 : 女性
生年月日 : 05月 16日
自己紹介 :
・サンドブラスト
・タティングレース
・ビーズニッティング
・天然石アクセサリー

ジャンルにこだわらず手づくりを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お便りお待ちしております
メールはこちら(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム