アキクサインコの遺伝 2

桃のお父さんがsp持ちだった時の場合の表も作ってみました。

アキクサインコの遺伝2

という結果になりました。

あくまでも通常の遺伝の法則に従っての話ですが…。
メンデルの法則ですね。

ただし、遺伝は気まぐれを起こす時があります。
それがこちら・・・。

アキクサインコの遺伝4(ばらけ)

本当に遺伝子の勉強をしていると面白いですよね。
これに常染色体(ファロー)が絡むから種類が増えてくる。
本当に面白い。
ファロー遺伝子の話はまた今度。

※自分のメモとして記載している記事になります。
あくまでも独学なので間違っているかもしれません。
ご指摘いただいたときに適宜、修正をしていきますのでご了承ください。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: 有難うございます

なないろいんこさん、こんにちは。

桃がもし♂だったら、我が家のペアからはルビノー♂が生まれることになります。

イノ遺伝子の判別を佐々木核酸科学研究所で行ってくれますよ。
ここは性別鑑定も行ってくれます。
ジュノンとアルマの性別鑑定をお願いしたところです。

有難うございます

お調べ頂き有難うございます。
取り敢えず今回の仔は全て性別鑑定に出してみます。

父親は、SPルビノーとして購入した物ですが、るぶのーが1羽も出ないのでSPルビノーではないようです。

伴性遺伝で性別が判ると便利なのですが。
例えばルビノーの♂は両親ともルビノーの遺伝子を持たないおと出ません。由って、片方だけルビノーの遺伝子であれば出たルビノーは全てメスです。したがってルビノーの♂は少ないのです。

今回のピンクファローは赤みがかなり強い仔が出ました。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
来てくれて、ありがとう!
プロフィール

BS セシリア

Author:BS セシリア
性別 : 女性
生年月日 : 05月 16日
自己紹介 :
・サンドブラスト
・タティングレース
・ビーズニッティング
・天然石アクセサリー

ジャンルにこだわらず手づくりを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お便りお待ちしております
メールはこちら(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム